姥湯温泉 桝形屋

山形南部のお勧めの温泉を厳選


山形県は全市町村に温泉がある温泉県です。
そのため、旅館だけではなく、公衆浴場・日帰り温泉がたくさんあります。
今回は、山形県南部の日帰り入浴にオススメの温泉・施設を紹介します。

姥湯温泉 桝形屋

姥湯温泉 桝形屋
出典:www.bea.hi-ho.ne.jp
山形県でも指折りの秘湯です。
秘湯ですが、地元客が意外にたくさんいるので驚くかもしれません。
今では道路が整備され、だいぶ行きやすくなりましたが、以前はスイッチバックしないと登れない
ような険しい山道でした。
大自然に囲まれた開放的な露天風呂を楽しむことができます。
こちらの露天風呂は、女性専用のお風呂が一つと混浴のお風呂が2つあります。
露天風呂は岩風呂になっており、お湯の色は青白く、硫黄の香りが立ち込めています。
かけ流しで湯量も多いため、とてもきれいなお湯です。
日帰りの場合は露天風呂のみの利用となります。
お土産品として湯の花や姥湯温泉特製の石鹸・日本酒もあります。
雪深いところのため、営業期間が4月下旬~11月下旬となっています。

姥湯温泉 桝形屋
住所: 山形県米沢市姥湯
電話: 0238-34-2157
料金: 500円
営業時間:  9:00~16:00

滑川温泉 福島屋

滑川温泉 福島屋

出典:www.jiyujin.co.jp
こちらの温泉もなかなかの秘湯です。
道は舗装されていますが、だいぶ道幅が狭くなっています。
ですが、苦労してでも行きたくなるような素敵な温泉です。
お風呂は岩風呂の露天風呂・檜風呂の露天風呂・内風呂・女性専用内風呂があります。
露天風呂・内風呂は混浴です。
露天風呂は二つともロケーションが最高です。
お湯は源泉かけ流しで乳白色のお湯が湯口から贅沢なほどにお風呂へ注がれています。
館内はとてもレトロで、歴史を感じます。湯治もできる施設です。
こちらも雪深いところのため、営業期間が4月下旬~11月下旬となっています。

 

滑川温泉 福島屋 
住所: 山形県米沢市大沢15
電話: 0238-34-2250
料金: 500円
営業時間:    9:00~16:00

赤湯温泉 ゆーなびからころ館

赤湯温泉 ゆーなびからころ館

出典:oki-tama.jp

温泉街の中心部にある公衆浴場です。
二種類の温泉に入ることができ、足湯や土産物屋・観光案内まで設置されています。
お湯は二種類とも無色透明で、硫黄の香りが少々します。
赤湯温泉の特徴なのですが、温度が少々熱めです。
湯上りもなかなか体が冷めないお湯です。
近隣には他にも公衆浴場がありますがこちらが一番新しく、シャワーが完備されています。
他の公衆浴場はだいぶ古いお風呂ですが、料金が100円となっております。
1Fには休憩所があり、赤湯名物のラーメンなどの出前を取ることもできます。
土産物屋に売っている山形代表という名のフルーツジュースやジェラートを食べながら足湯につかるのがおすすめです。
山形代表は南陽市内で生産されており、種類も豊富でお土産にも最適です。
(山形代表:http://www.ym-foods.co.jp/goods/daihyou/

赤湯温泉 ゆーなびからころ館
住所: 山形県南陽市赤湯754−2
電話: 0238-43-3114
料金: 200円
営業時間:    8:30~21:30

ハイジアパーク南陽

ハイジアパーク南陽

出典www2.plala.or.jp
温泉街から少し離れた所にある日帰り温泉施設です。
大浴場・サウナ・マッサージ・あかすり・露天風呂・休憩所・子供用遊具・食事処・土産物屋などが完備されております。夏期限定ですがプールもあります。
赤湯温泉とは泉質が違い、単純温泉となっています。
小さいお子さんでも安心して入れる温度で、低刺激な温泉です。
お湯は無色透明で、無臭です。

ハイジアパーク南陽
住所: 山形県南陽市上野1855-10
電話: 0238-45-2200
入湯料:    540円
営業時間:    10:00~21:30

小野川温泉 小町の湯

小野川温泉 小町の湯
出典:co-trip.jp
小野川温泉にある共同露天風呂です。
小町の湯以外にも尼湯・滝湯という共同浴場もあります。
こちらは、露天風呂は石造りになっております。
お湯は透明で、クリーム色の湯の花がたくさん舞っています。
温度は少々高めになっています。

小野川温泉 小町の湯
住所: 山形県米沢市小野川町
料金: 200円
営業時間:    6:00~18:00

小野川温泉 河鹿荘

小野川温泉 河鹿荘

小野川温泉のはずれにある旅館です。
とても立派な佇まいですが、リーズナブルに日帰り入浴を楽しめる良心的な旅館です。
お風呂は男女内風呂・露天風呂があります。
お湯は無色透明ですが、ほのかに硫黄の香りがします。
露天風呂は屋根が付いており、冬には雪見風呂が楽しめます。
露天風呂の目の前に滝が流れており、とても風情のある作りになっています。
内風呂にはシャンプーなどが完備されていますので、ふらっと立ち寄っても大丈夫です。
こちらの旅館の隣には足湯小屋があり、自由に入ることができます。
古民家のような作りで、癒しの空間になっています。
日帰り予約も可能で、米沢牛のランチと温泉をリーズナブルに楽しめます。

小野川温泉 河鹿荘
住所: 山形県米沢市小野川町2070
電話: 0238-27-4466
料金: 500円
営業時間:    10:00~22:00

蔵王温泉 大露天風呂

蔵王温泉 大露天風呂
出典:www.kankou.yamagata.yamagata.jp
山形県で有名な露天風呂です。
スキー場でも有名な温泉地で、温泉街の一番上にあります。
200人は入れるというとても大きな露天風呂です。
渓流沿いにお風呂があり、門をくぐって階段を下りていくと受付があります。
男女別の露天風呂のみで、上流2段が女性用・下流2段が男性用です。
強酸性の硫黄泉ですので、ツンとした硫黄の香りがとても強いです。
敏感肌の方は入ると若干ピリピリしますので、気をつけてください。
青みがかった透明なお湯で、白い湯花がたくさん舞っています。
大自然を感じながら開放的な気分になれる最高の露天風呂です。
駐車場も完備されていますので、是非一度立ち寄っていただきたいです。
営業期間が4月下旬~11月下旬となっています。

蔵王温泉 大露天風呂
住所: 山形県山形市蔵王温泉18
電話: 023-694-9417(蔵王温泉観光株式会社)
料金: 450円
営業時間:    6:00~日没

湯沼温泉 駒草荘

湯沼温泉 駒草荘

 

出典:www.takahata.or.jp

高畠町の田んぼの真ん中にある温泉です。
田んぼの中の一本道が少々狭いので、ご注意ください。
お湯は無色透明で温度が低めです。アルカリ性単純温泉ということで、匂いはほとんどありません。
温度が低めのお湯ですが、体の芯まであったまれます。
また、お肌がすべすべになります。
男女別内風呂・露天風呂があり、男女が一日ごとに入れ替えになっています。
片方の内風呂にはジャグジーが付いています。

湯沼温泉 駒草荘
住所: 山形県東置賜郡高畠町大字竹森5122
電話: 0238-52-1032
料金: 350円
営業時間:    9:00~22:00


県内には他にも様々な温泉がたくさんあります。
リーズナブルに温泉を楽しめる施設がたくさんあるので、みなさんも是非立ち寄ってみてください。
観光でいらした際には、是非湯めぐりもしていただきたいです。

コメントを残す